ホンシメジ

ホンシメジ

食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編
 食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編 トップページ > キノコ類 > ホンシメジ

食品の豆知識「ホンシメジ」

 食品には、私達の身体に栄養を補給する働き、バランスを整える働き、また、旨味や彩り、香りなどを楽しませる働きがあります。すなわち、私達が生活するうえにおいて、またそれを楽しむうえで、必要不可欠な存在といえます。そこで、この食品の豆知識「ホンシメジ」のページでは、ホンシメジの特質、品質、調理、用途、加工品などの内、特に必要と思われる基本情報を列挙し、その情報によって、今の食生活が更に有意義なものになればと願っています。

ホンシメジ、ほんしめじ、占地、キシメジ科

abc
ー スポンサードリンク −

ホンシメジ
 ホンシメジ(占地)はキシメジ科に属し、秋に松林内の草むらに多数集合して一株となる天然の食用キノコで、センボンシメジ、ヒャッポンシメジ、ダイコクシメジ、カブシメジ、玉茸などともいいます。

また、この「占地」の名は、地面に生えて、一面を占領するという意味合いからつけられています。

その菌傘(きんさん)は、成熟とともに、球形から丸く山形となり、肉は白色で、キメが細かく、柄の根元が膨れています。

このシメジ属には、ほかに、白色の「シロシメジ」、黄色の「キシメジ」、桜色の「サクラシメジ(赤キノコ)」、紫色の「ムラサキシメジ」、暗褐色の「クロシメジ(シモフリシメジ)」などがあり、いずれも味は劣りますが食用にされます。

なお、このホンシメジは、「においまつたけ、味しめじ」といわれるように、数あるきのこの中でも群を抜いて味や風味が良いとされています。

ちなみに、ホンシメジは希少品となっています。

調理としては、主に、和え物、吸い物、煮付け、焼き物、炒め物、鍋物、キノコ飯などにしていただきます。

※ 菌傘(きんさん)とは、きのこの傘(かさ)の部分です。

def
ー スポンサードリンク −


【主な栄養素】(ホンシメジ−生)
エネルギー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂 質
(g)
炭水化物
(g)
食物繊維
(g)
14 2.1 0.3 4.4 3.3
レチノール
(μg)
β-カロテン当量
(μg)
ビタミンD
(μg)
ビタミンE
(mg)
ビタミンK
(μg)
0 0 4 0 0
ビタミンB1
(mg)
ビタミンB2
(mg)
ビタミンB6
(mg)
ビタミンB12
(μg)
葉 酸
(μg)
0.08 0.5 0.13 0 38
ナイアシン
(mg)
パントテン酸
(mg)
ビタミンC
(mg)
   
9 1.97 0    
ナトリウム
(mg)
カリウム
(mg)
カルシウム
(mg)
マグネシウム
(mg)
リ ン
(mg)
9 300 2 9 75

(mg)
亜 鉛
(mg)

(mg)
マンガン
(mg)
 
1.1 0.8 0.36 0.1  
※ 上記は、五訂日本食品標準成分表より (可食部100cあたり)
※ ビタミンA(レチノール当量(μg))=レチノール(μg)+(1/12)×β-カロテン当量(μg)
※ 炭水化物=糖質+食物繊維
※ 食品の栄養 詳細ページ : ホンシメジ


     
                 ホンシメジ                    キシメジ

シメジ(人工培養)

ghi

 も く じ
肉類、肉加工品
乳製品、卵
魚類 ア行
魚類 カ〜サ行
魚類 タ〜ハ行
魚類 マ行〜、
練製品
貝 類
魚介類
(魚類、貝類以外)
穀 類
芋 類
豆類、豆加工品
果実類 ア〜タ行
果実類 ナ行〜
野菜類 ア〜タ行
野菜類 ナ行〜
山菜・野草類
キノコ類
海藻類
漬物類
香辛料、調味料
嗜好飲料、菓子類
   【索引】


    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) 食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編 All Rights Reserved