ドジョウ

ドジョウ

食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編
 食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編 トップページ > 魚類 タ〜ハ行 > ドジョウ

食品の豆知識「ドジョウ」

 食品には、私達の身体に栄養を補給する働き、バランスを整える働き、また、旨味や彩り、香りなどを楽しませる働きがあります。すなわち、私達が生活するうえにおいて、またそれを楽しむうえで、必要不可欠な存在といえます。そこで、この食品の豆知識「ドジョウ」のページでは、ドジョウの特質、品質、調理、用途、加工品などの内、特に必要と思われる基本情報を列挙し、その情報によって、今の食生活が更に有意義なものになればと願っています。

ドジョウ、どじょう、泥鰌、鰌、ドジョウ科

abc
ー スポンサードリンク −

ドジョウ
 ドジョウはドジョウ科の淡水魚で、日本各地の湖、川、池沼、水田などに生息しています。

体が細長く、淡黄色をし、背びれと尾びれに淡黒色の線状の斑点があり、また、口の周りには10本のヒゲがあります。

体長が20cm程度になりますが、市場にはこれより小さいものが出回ります。

東京で「オドリコ、小型のものは「ヤナギバ」、和歌山では「ジョジョ」とよんでいます。

ドジョウは、冬場は、エサを食べずに冬眠するため、不味いといわれますが、春になると盛んにエサを食べて太り、産卵の準備をする7月ごろ美味しくなります。

ちなみに、産卵期は夏場です。

栄養としては、タンパク質を(16.1%)、カルシウムを(1100mg/100g中)、また、ビタミンAを(15μg/100g中)、ビタミンDを(4mg/100g中)、ビタミンB2を(1.09mg/100g中)含んでいます。

調理としては、水に活かして泥臭さを抜き、柳川鍋、蒲焼き、煮付け、味噌汁などにしていただきます。

def
ー スポンサードリンク −





ghi

 も く じ
肉類、肉加工品
乳製品、卵
魚類 ア行
魚類 カ〜サ行
魚類 タ〜ハ行
魚類 マ行〜、
練製品
貝 類
魚介類
(魚類、貝類以外)
穀 類
芋 類
豆類、豆加工品
果実類 ア〜タ行
果実類 ナ行〜
野菜類 ア〜タ行
野菜類 ナ行〜
山菜・野草類
キノコ類
海藻類
漬物類
香辛料、調味料
嗜好飲料、菓子類
   【索引】


    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) 食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編 All Rights Reserved