ジャガイモ

食品の豆知識「ジャガイモ」のページ

食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編
 食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編 トップページ > 芋 類 > ジャガイモ

食品の豆知識「ジャガイモ」

 食品には、私達の身体に栄養を補給する働き、バランスを整える働き、また、旨味や彩り、香りなどを楽しませる働きがあります。すなわち、私達が生活するうえにおいて、またそれを楽しむうえで、必要不可欠な存在といえます。そこで、この食品の豆知識「ジャガイモ」のページでは、ジャガイモの特質、品質、調理、用途、加工品などの内、特に必要と思われる基本情報を列挙し、その情報によって、今の食生活が更に有意義なものになればと願っています。

ジャガイモ、じゃがいも、ナス科

*****
ー スポンサードリンク −

ジャガイモ
 ジャガイモはナス科に属し、馬鈴薯(ばれいしょ)、ジャガタライモ、ジャワイモ、八升イモ、甲州イモ、ゴショウイモ、二度イモ、弘法イモなどともいいます。

アンデス山系の南米チリが原産で、日本には、慶長3年長崎に伝わり、はじめは、牛馬の飼料、観賞用として栽培されていましたが、宝永3年にロシア人によって北海道に伝えられてから、食糧としての栽培が始まりました。

草丈が30〜90cm、塊茎形成の適温が16〜18℃、また、生育日数が90〜130日で冷涼を好みます。

現在、男爵薯、メークインなど数多くの品種が栽培されていますが、大別すると早生種、中生種、晩生種に分けることができます。

主な産地としては、北海道がもっとも多く、他に茨城県、千葉県、長野県などで、一般に寒冷地で栽培されたものは、品質、風味が優れているといわれています。

品質としては、芽が浅く、肌が平滑で美しく、肉質のしまったものが良いとされています。

なお、塊茎は、収穫後休眠期間があり、概ね、55〜120日です。

調理としては、皮を剥いで、ソラニン(緑色をした部分=毒素)を除去し、水でさらした後、汁物(味噌汁)、サラダ(ポテトサラダ)、焼き物(じゃがバター)、揚げ物(フライドポテト、コロッケ)、煮物(肉じゃが、カレー、シチュー)、鍋物(おでん、キムチ鍋)、グラタン、マッシュポテト、粉吹き芋などにしていただきます。

加工品としては、冷凍食品、製菓(ポテトチップ)の材料、パンの材料、パスタの原料、片栗粉の原料などに利用されます。

塊茎(かいけい)とは、地中にある茎の一部がデンプンなどの養分を蓄え、塊状に肥大したものをいいます。

***
ー スポンサードリンク −


「七訂日本食品標準成分表」はこちら

【主な栄養素】(生)
エネルギー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂 質
(g)
炭水化物
(g)
食物繊維
(g)
76 1.6 0.1 17.6 1.3
レチノール
(μg)
β-カロテン当量
(μg)
ビタミンD
(μg)
ビタミンE
(mg)
ビタミンK
(μg)
0 0 0 0 0
ビタミンB1
(mg)
ビタミンB2
(mg)
ビタミンB6
(mg)
ビタミンB12
(μg)
葉 酸
(μg)
0.09 0.03 0.18 0 21
ナイアシン
(mg)
パントテン酸
(mg)
ビタミンC
(mg)
   
1.3 0.47 35    
ナトリウム
(mg)
カリウム
(mg)
カルシウム
(mg)
マグネシウム
(mg)
リ ン
(mg)
1 410 3 20 40

(mg)
亜 鉛
(mg)

(mg)
マンガン
(mg)
 
0.4 0.2 0.1 0.11  
※ 上記は、五訂日本食品標準成分表より (可食部100cあたり)
※ ビタミンA(レチノール当量(μg))=レチノール(μg)+(1/12)×β-カロテン当量(μg)
※ 炭水化物=糖質+食物繊維
※ 食品の栄養 詳細ページ : じゃがいも


    
  
            男爵                 メークイン              断面


     



*******

 も く じ
肉類、肉加工品
乳製品、卵
魚類 ア行
魚類 カ〜サ行
魚類 タ〜ハ行
魚類 マ行〜、
練製品
貝 類
魚介類
(魚類、貝類以外)
穀 類
芋 類
豆類、豆加工品
果実類 ア〜タ行
果実類 ナ行〜
野菜類 ア〜タ行
野菜類 ナ行〜
山菜・野草類
キノコ類
海藻類
漬物類
香辛料、調味料
嗜好飲料、菓子類
   【索引】


当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
このサイト「食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) 食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編 All Rights Reserved