コンニャク

食品の豆知識「コンニャク」のページ

食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編
 食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編 トップページ > 芋 類 > コンニャク

食品の豆知識「コンニャク」

 食品には、私達の身体に栄養を補給する働き、バランスを整える働き、また、旨味や彩り、香りなどを楽しませる働きがあります。すなわち、私達が生活するうえにおいて、またそれを楽しむうえで、必要不可欠な存在といえます。そこで、この食品の豆知識「コンニャク」のページでは、コンニャクの特質、品質、調理、用途、加工品などの内、特に必要と思われる基本情報を列挙し、その情報によって、今の食生活が更に有意義なものになればと願っています。

コンニャク、こんにゃく、蒟蒻、サトイモ科

*****
ー スポンサードリンク −

コンニャク
 コンニャク(蒟蒻)はサトイモ科に属するインドシナが原産の多年生草本で、日本での主な産地は群馬県ですが、他に栃木県、茨城県などでも生産されています。

ちなみに、コンニャクは球茎(きゅうけい)植物ですが、通常、3〜4年目にその球茎を採って、いわゆる「コンニャク」などに加工します。

一般に、店頭で売られている「コンニャク」は、生のコンニャクイモ、またはコンニャクイモからつくった精粉に、水を加えて糊化し、水洗い後、石灰などを加えて、凝固させたものですが、その多くは、細かく砕いたひじきなどの海藻を、固める際に入れて、黒っぽくしたものになります。

もちろん、糸状に固めた「糸コンニャク」、糸コンニャクより細く固めた「しらたき」、赤色に加工した「赤コンニャク」なども製造、販売されています。

調理(用途)としては、刺身、和え物、おでん、煮物、汁物(味噌汁、豚汁)、すき焼き、味噌田楽などにしていただきます。

また、コンニャクから、粘着力、耐熱性、耐寒性に強い成分が得られますので、食用以外に、工業用としても利用されています。

ちなみに、低カロリーで食物繊維も豊富なためダイエット食品にも利用されます。

多年生植物とは、二年以上にわたって生存する植物。草本では毎年冬になると地上部は枯死しますが、地下部は越冬し春に芽を出します。
草本とは、木部があまり発達せず地上部が一年で枯れる植物の総称です。
球茎(きゅうけい)とは、主軸をなす茎の基部がデンプンなどの養分を蓄えて球形に肥大したものをいいます。

***
ー スポンサードリンク −


「七訂日本食品標準成分表」はこちら

【主な栄養素】(生いもコンニャク)
エネルギー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂 質
(g)
炭水化物
(g)
食物繊維
(g)
7 0.1 0.1 3.3 3
レチノール
(μg)
β-カロテン当量
(μg)
ビタミンD
(μg)
ビタミンE
(mg)
ビタミンK
(μg)
0 0 0 0 0
ビタミンB1
(mg)
ビタミンB2
(mg)
ビタミンB6
(mg)
ビタミンB12
(μg)
葉 酸
(μg)
0 0 0.02 0 2
ナイアシン
(mg)
パントテン酸
(mg)
ビタミンC
(mg)
   
0 0 0    
ナトリウム
(mg)
カリウム
(mg)
カルシウム
(mg)
マグネシウム
(mg)
リ ン
(mg)
2 44 68 5 7

(mg)
亜 鉛
(mg)

(mg)
マンガン
(mg)
 
0.6 0.2 0.04 0.05  
※ 上記は、五訂日本食品標準成分表より (可食部100cあたり)
※ ビタミンA(レチノール当量(μg))=レチノール(μg)+(1/12)×β-カロテン当量(μg)
※ 炭水化物=糖質+食物繊維
※ 食品の栄養 詳細ページ : コンニャク





*******

 も く じ
肉類、肉加工品
乳製品、卵
魚類 ア行
魚類 カ〜サ行
魚類 タ〜ハ行
魚類 マ行〜、
練製品
貝 類
魚介類
(魚類、貝類以外)
穀 類
芋 類
豆類、豆加工品
果実類 ア〜タ行
果実類 ナ行〜
野菜類 ア〜タ行
野菜類 ナ行〜
山菜・野草類
キノコ類
海藻類
漬物類
香辛料、調味料
嗜好飲料、菓子類
   【索引】


当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
このサイト「食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) 食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編 All Rights Reserved