キャッサバ

食品の豆知識「キャッサバ」のページ

食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編
 食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編 トップページ > 芋 類 > キャッサバ

食品の豆知識「キャッサバ」

 食品には、私達の身体に栄養を補給する働き、バランスを整える働き、また、旨味や彩り、香りなどを楽しませる働きがあります。すなわち、私達が生活するうえにおいて、またそれを楽しむうえで、必要不可欠な存在といえます。そこで、この食品の豆知識「キャッサバ」のページでは、キャッサバの特質、品質、調理、用途、加工品などの内、特に必要と思われる基本情報を列挙し、その情報によって、今の食生活が更に有意義なものになればと願っています。

キャッサバ、きゃっさば、トウダイグサ科

*****
ー スポンサードリンク −

キャッサバ
 キャッサバはトウダイグサ科に属し、タピオカノキ、イモノキともいいます。

ブラジルが原産の草本で、草丈2〜3mの多年生ですが、亜熱帯では1年生となります。

成長すると、茎が直立し、その茎の根元には同心円を描いて数本の塊根(芋)がつきます。

その塊根は両端が尖った細長い形をし、外皮が褐色、内部が黄白色で、30〜40%のデンプンを含んでいます。

この蓄積されたデンプン粒は極めて小さく優秀で、このデンプンのことを「タピオカ」といい、これを大豆ぐらいの大きさに丸く固めたものが「タピオカパール」です。

現在、このキャッサバは、熱帯地域で広く栽培され、住民の重要な食料になっているほか、デンプン製造の原料としても、広く利用されています。

調理(用途)としては、主に、菓子の原料、料理のとろみ付け、ツナギとして利用されます。

また、タピオカパールを煮戻して、デザートの材料、コンソメスープの浮身、タピオカティー(台湾発祥の茶)などに用います。

多年生植物とは、二年以上にわたって生存する植物。草本では毎年冬になると地上部は枯死しますが、地下部は越冬し春に芽を出します。
草本とは、木部があまり発達せず地上部が一年で枯れる植物の総称です。

***
ー スポンサードリンク −





*******

 も く じ
肉類、肉加工品
乳製品、卵
魚類 ア行
魚類 カ〜サ行
魚類 タ〜ハ行
魚類 マ行〜、
練製品
貝 類
魚介類
(魚類、貝類以外)
穀 類
芋 類
豆類、豆加工品
果実類 ア〜タ行
果実類 ナ行〜
野菜類 ア〜タ行
野菜類 ナ行〜
山菜・野草類
キノコ類
海藻類
漬物類
香辛料、調味料
嗜好飲料、菓子類
   【索引】


当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
このサイト「食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) 食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編 All Rights Reserved