サトイモ

食品の豆知識「サトイモ」のページ

食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編
 食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編 トップページ > 芋 類 > サトイモ

食品の豆知識「サトイモ」

 食品には、私達の身体に栄養を補給する働き、バランスを整える働き、また、旨味や彩り、香りなどを楽しませる働きがあります。すなわち、私達が生活するうえにおいて、またそれを楽しむうえで、必要不可欠な存在といえます。そこで、この食品の豆知識「サトイモ」のページでは、サトイモの特質、品質、調理、用途、加工品などの内、特に必要と思われる基本情報を列挙し、その情報によって、今の食生活が更に有意義なものになればと願っています。

サトイモ、さといも、里芋、ヒルガオ科

*****
ー スポンサードリンク −

サトイモ
 サトイモ(里芋)はサトイモ科に属する根菜で、家芋、イヘツイモ、畑芋、タイモ、梠芋、芋蔀などともいい、南洋諸島が原産の高温多湿を好む1年生草本です。

熱帯アジアを中心として、広い地域に分布しています。

日本での主な産地は、埼玉県、千葉県、宮崎県、愛媛県、栃木県、鹿児島県などです。

草丈が、1〜1.5mで、葉が多肉で繊維質、葉柄は赤紫または緑色をしています。

また、塊茎(かいけい)は、親イモ、子イモともに、丸型、楕円形、海老型をし、大きさは、品種により差がありますが、親いもが50〜400g、子いもが10〜50g程度になります。

ところで、ズイキともよばれる葉柄のうち、赤紫色のものは、えぐみが少ないので食用として利用されます。

その「ズイキ栽培」には、赤茎の親子兼用種が主に使われます。

品質としては、一般に、親子兼用の赤茎種が良いとされていますが、総じて、子イモから孫イモ、曾孫イモと、あとになるほど不味くなります。

栄養としては、炭水化物を(13.1%)、食物繊維を(2.3%)含んでいます。

なお、イモのえぐ味は、シュウ酸カルシウムによるものです。

調理としては、煮物、蒸し物などにしていただきます。

ズイキは、汁の具、酢の物、和え物などに用います。

ちなみに、餅をつくとき、サトイモをおろして入れると、焼いたときよく膨らみます。

草本とは、木部があまり発達せず地上部が一年で枯れる植物の総称です。
葉柄(ようへい)とは、葉身を支えて茎に付着する柄のように細くなった部分を指します。
塊茎(かいけい)とは、地中にある茎の一部がデンプンなどの養分を蓄え、塊状に肥大したものをいいます。

***
ー スポンサードリンク −


「七訂日本食品標準成分表」はこちら

【主な栄養素】(生)
エネルギー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂 質
(g)
炭水化物
(g)
食物繊維
(g)
58 1.5 0.1 13.1 2.3
レチノール
(μg)
β-カロテン当量
(μg)
ビタミンD
(μg)
ビタミンE
(mg)
ビタミンK
(μg)
0 5 0 0.6 0
ビタミンB1
(mg)
ビタミンB2
(mg)
ビタミンB6
(mg)
ビタミンB12
(μg)
葉 酸
(μg)
0.07 0.02 0.15 0 30
ナイアシン
(mg)
パントテン酸
(mg)
ビタミンC
(mg)
   
1 0.48 6    
ナトリウム
(mg)
カリウム
(mg)
カルシウム
(mg)
マグネシウム
(mg)
リ ン
(mg)
0 640 10 19 55

(mg)
亜 鉛
(mg)

(mg)
マンガン
(mg)
 
0.5 0.3 0.15 0.19  
※ 上記は、五訂日本食品標準成分表より (可食部100cあたり)
※ ビタミンA(レチノール当量(μg))=レチノール(μg)+(1/12)×β-カロテン当量(μg)
※ 炭水化物=糖質+食物繊維
※ 食品の栄養 詳細ページ : サトイモ



ズイキ干し



*******

 も く じ
肉類、肉加工品
乳製品、卵
魚類 ア行
魚類 カ〜サ行
魚類 タ〜ハ行
魚類 マ行〜、
練製品
貝 類
魚介類
(魚類、貝類以外)
穀 類
芋 類
豆類、豆加工品
果実類 ア〜タ行
果実類 ナ行〜
野菜類 ア〜タ行
野菜類 ナ行〜
山菜・野草類
キノコ類
海藻類
漬物類
香辛料、調味料
嗜好飲料、菓子類
   【索引】


当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
このサイト「食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) 食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編 All Rights Reserved