さつまいも

食品の豆知識「さつまいも」のページ

食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編
 食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編 トップページ > 芋 類 > さつまいも

食品の豆知識「さつまいも」

 食品には、私達の身体に栄養を補給する働き、バランスを整える働き、また、旨味や彩り、香りなどを楽しませる働きがあります。すなわち、私達が生活するうえにおいて、またそれを楽しむうえで、必要不可欠な存在といえます。そこで、この食品の豆知識「さつまいも」のページでは、さつまいもの特質、品質、調理、用途、加工品などの内、特に必要と思われる基本情報を列挙し、その情報によって、今の食生活が更に有意義なものになればと願っています。

サツマイモ、さつまいも、薩摩芋、ヒルガオ科

*****
ー スポンサードリンク −

さつまいも
 さつまいも(薩摩芋)は、ヒルガオ科に属し、甘藷(かんしょ)、唐藷(からいも)、琉球薯(りゅうきゅういも)などともいいます。

南米北部および南メキシコが原産です。

日本には、元禄11年、琉球から薩摩に伝わったものと、フィリピンから直接長崎平戸に伝わったものとがありますが、その後、オーストラリアやアメリカから渡来し、盛んに栽培されるようになりました。

現在、日本では、主に鹿児島、茨城、千葉、宮崎、徳島などで栽培されています。

一般に、排水が良く軽い土壌で作られたものは、色も肌目も美しく、また芽も浅く、外観の良いものになりますが、デンプン価と風味の点からすれば、重い土壌でつくられたものの方が優れています。

ただ、総じて、イモの芽があまり深くなく、胴部が十分張っていて、また、首と尾があまり細く長くならず、肌に色沢のあるものが良いとされています。

調理(用途)としては、徐々に加熱すると甘味が増す特徴を活かして、石焼き芋、ふかし芋にしていただきます。

また、煮物、天ぷら、スイートポテト、きんとん、大学いも、パイ、イモようかんなどにも用います。

加工品としては、干し芋(ほしいも)、芋粉、アルコール(芋焼酎)の原料、また、ブドウ糖や水飴の原料に利用されます。

***
ー スポンサードリンク −


「七訂日本食品標準成分表」はこちら

【主な栄養素】(生)
エネルギー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂 質
(g)
炭水化物
(g)
食物繊維
(g)
132 1.2 0.2 31.5 2.3
レチノール
(μg)
β-カロテン当量
(μg)
ビタミンD
(μg)
ビタミンE
(mg)
ビタミンK
(μg)
0 23 0 1.6 0
ビタミンB1
(mg)
ビタミンB2
(mg)
ビタミンB6
(mg)
ビタミンB12
(μg)
葉 酸
(μg)
0.11 0.03 0.28 0 49
ナイアシン
(mg)
パントテン酸
(mg)
ビタミンC
(mg)
   
0.8 0.96 29    
ナトリウム
(mg)
カリウム
(mg)
カルシウム
(mg)
マグネシウム
(mg)
リ ン
(mg)
4 470 40 25 46

(mg)
亜 鉛
(mg)

(mg)
マンガン
(mg)
 
0.7 0.2 0.18 0.44  
※ 上記は、五訂日本食品標準成分表より (可食部100cあたり)
※ ビタミンA(レチノール当量(μg))=レチノール(μg)+(1/12)×β-カロテン当量(μg)
※ 炭水化物=糖質+食物繊維
※ 食品の栄養 詳細ページ : さつまいも





*******

 も く じ
肉類、肉加工品
乳製品、卵
魚類 ア行
魚類 カ〜サ行
魚類 タ〜ハ行
魚類 マ行〜、
練製品
貝 類
魚介類
(魚類、貝類以外)
穀 類
芋 類
豆類、豆加工品
果実類 ア〜タ行
果実類 ナ行〜
野菜類 ア〜タ行
野菜類 ナ行〜
山菜・野草類
キノコ類
海藻類
漬物類
香辛料、調味料
嗜好飲料、菓子類
   【索引】


当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
このサイト「食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) 食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編 All Rights Reserved