アワビ

アワビ

食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編
 食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編 トップページ > 貝 類 > アワビ

食品の豆知識「アワビ」

 食品には、私達の身体に栄養を補給する働き、バランスを整える働き、また、旨味や彩り、香りなどを楽しませる働きがあります。すなわち、私達が生活するうえにおいて、またそれを楽しむうえで、必要不可欠な存在といえます。そこで、この食品の豆知識「アワビ」のページでは、アワビの特質、品質、調理、用途、加工品などの内、特に必要と思われる基本情報を列挙し、その情報によって、今の食生活が更に有意義なものになればと願っています。

アワビ、あわび、鮑、ミミガイ科

abc
ー スポンサードリンク −

アワビ
 アワビ類は古腹足目、ミミガイ科の巻貝で、マダカアワビ、メカイアワビ(メガイアワビ)、クロアワビ、エゾアワビなどが挙げられます。

殻の表面には呼水孔(吸水孔)とよばれる穴があり、また、殻の内側は真珠のような光沢があります。

また、大きさは、長径が5〜20cm程度、短径が3〜15cm程度になります。

北海道および本州の日本海側と青森以南の太平洋側の水深20m程度の潮通しの良い岩礁域に生息し、アラメ、ワカメなどの海藻をエサにしています。

そのためアワビの分布は、これらの海藻の分布とほぼ一致しています。

産卵期は11月ごろで、旬は夏です。

品質としては、指ではじくと身がすぐ縮み、身が盛り上がっているものが良く、身が殻の外にはみ出し、粘り気のあるものは良くありません。

ちなみに、市場では、アワビを、身が硬くしまって青黒いものを「オカイ」、身の比較的柔らかく帯紅色のものを「メカイ」、肉厚の上等品を「マダカ」とよんで区別しています。

栄養としては、タンパク質が比較的多く含まれています。

調理としては、身の部分「ホシ」と身の回りの部分「ミミ」を刺身、すしネタ、鉄板焼き(塩、醤油、バター風味)、酒蒸し、煮物など、また、特有の苦味と旨みがある外套膜「ヒモ」と内臓「ワタ」を、煮付け、酢の物などにしていただきます。

加工品としては、「干しアワビ(明鮑、灰鮑)」、水煮、味付缶詰、塩辛などに利用されます。

なお、「熨斗アワビ」とよばれるものは、干しアワビを薄くのばしたものです。

def
ー スポンサードリンク −


          
         干しアワビ                 塩アワビ              アワビのトシロ

ghi

 も く じ
肉類、肉加工品
乳製品、卵
魚類 ア行
魚類 カ〜サ行
魚類 タ〜ハ行
魚類 マ行〜、
練製品
貝 類
魚介類
(魚類、貝類以外)
穀 類
芋 類
豆類、豆加工品
果実類 ア〜タ行
果実類 ナ行〜
野菜類 ア〜タ行
野菜類 ナ行〜
山菜・野草類
キノコ類
海藻類
漬物類
香辛料、調味料
嗜好飲料、菓子類
   【索引】


    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) 食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編 All Rights Reserved