コイ

コイ

食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編
 食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編 トップページ > 魚類 カ〜サ行 > コイ

食品の豆知識「コイ」

 食品には、私達の身体に栄養を補給する働き、バランスを整える働き、また、旨味や彩り、香りなどを楽しませる働きがあります。すなわち、私達が生活するうえにおいて、またそれを楽しむうえで、必要不可欠な存在といえます。そこで、この食品の豆知識「コイ」のページでは、コイの特質、品質、調理、用途、加工品などの内、特に必要と思われる基本情報を列挙し、その情報によって、今の食生活が更に有意義なものになればと願っています。

コイ、こい、鯉、コイ科

abc
ー スポンサードリンク −

コ イ
 コイはコイ科の淡水魚で、体の背部が灰色で、腹側が淡灰色、口のまわりに大きなヒゲがあります。

体長はふつう50〜60cm程度ですが、大型のものでは1m程度になるものもいます。

中国を原産地とし、比較的水温に関係なくよく育ちます。
また、飼い易いので、世界中で養殖が盛んに行われています。

12月から翌年3月ごろが旬になります。

北米では泥臭いとしてあまり食べませんが、日本人や中国人は、昔から食用にしています。

また、コイは生命力の強い魚で、滋養強壮に効果があるとして、特に病人や妊婦などの栄養補強に利用することがあります。

栄養としては、タンパク質を(17.7%)、脂質を(10.2%)、ビタミンB1を(0.46mg/100g中)、鉄を(0.5mg/100g中)ほど含んでいます。

調理としては、あらい、刺身、鯉こく(味噌で煮込んだ汁)、甘露煮など、また、中華料理として丸揚げ甘酢あんかけなどにしていただきます。

ちなみに、観賞用の「ヒゴイ」や各種の変わりゴイは、いずれもコイの変種になります。

※ コイを生食にする際は、寄生虫に注意する必要があります。

def
ー スポンサードリンク −


コイ

ニゴイ

ghi

 も く じ
肉類、肉加工品
乳製品、卵
魚類 ア行
魚類 カ〜サ行
魚類 タ〜ハ行
魚類 マ行〜、
練製品
貝 類
魚介類
(魚類、貝類以外)
穀 類
芋 類
豆類、豆加工品
果実類 ア〜タ行
果実類 ナ行〜
野菜類 ア〜タ行
野菜類 ナ行〜
山菜・野草類
キノコ類
海藻類
漬物類
香辛料、調味料
嗜好飲料、菓子類
   【索引】


    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) 食品の豆知識「生鮮食品・加工食品」編 All Rights Reserved